2007年03月26日

見え隠れするもの

ブログの記事を書くとき毎回思う事があります。患者様のプライバシーの保護と、クリニックとしての情報開示ということ。と書くと難しいですが、泌尿器科という特質上、「今日こんな患者様がいらっしゃいました・・」等という話題は掲載できませんよね。情報の保護と開示、相反する2つの考えを尊重しながら記事を考えるのは、楽しくもあり大変でもあり、です。

駐車場も同様の考えです。いずれ交通量が増大する道路に面しているので、コンクリートで壁を作るのではなく、植栽越しに中の様子が見え隠れする景色が欲しかったのです。駐車場と道路の間にはシロヤマブキサラサドウダンツツジ等の低木で生け垣を作り、歩行者との視線を適度に遮ることにしました。

白山吹の垣根 白山吹の新芽

これの欠点は落葉樹であること。この様に駐車場が丸見えです!常緑樹の垣根では四季の変化が乏しいし、冬は建物をご覧頂こうと思ったのです。
続きを読む


posted by クランベリー at 21:02| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。