2007年04月11日

Dr.さとうから 膀胱機能検査

聞き慣れない検査かと思います。正式には尿流動態検査(urodynamic study)といいます。膀胱に水を入れながら膀胱の圧力を測る検査で、尿の出が悪かったりもれてしまう方、夜尿症の子供など、排尿障害の診断においてたいへん重要な検査です。さらにレントゲンを併用することでより高度な診療をすることができます。
困ったなー
信州大学泌尿器科は、排尿障害の診断・治療に関して世界のトップレベルです。当クリニックは個人経営の小さなクリニックですが、信州大学と同等の膀胱機能検査設備を持っています。開業する際、この設備を導入するか大部迷いました。重要な検査とはいえ設備を整えるには500万円以上必要です。1人の検査に1時間を費やし(3分診療だと20人分の時間!)、検査で得られる料金は2600〜7750円と、経営的には全く採算があいません(本人負担は1〜3割)。しかし、開業後半年を経過した今、この高価な設備を導入して良かったと思っています。

続きを読む


posted by クランベリー at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Dr.さとうから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。