2007年05月06日

正に風まかせ

5月5日、大会3日目の朝は会場で気球を見物することにしました。
(ホントにこのお祭りのために遠出しなかった院長。大会に協賛したのでパンフレットに小さくクリニック名が出ています)

千曲川の河川敷


7時30頃河原に着くと、係留された熱気球に体験搭乗するための行列ができていました。何となく私達も並んでみました。受付口まで40分以上は待ったと思います。その間、競技気球は会場付近に着陸するため徐々に集まってきます。

ゴール目指して ミッフィーちゃん! ドラえもんもいます

並んでいる途中、地温が上がり上昇気流が発生すると体験搭乗を見合わせるかもという主旨のアナウンスが流れます。風がでないうちに早く乗りたいのに、一向に進まない行列に焦ってきました。
続きを読む


posted by クランベリー at 12:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夜間係留中止

佐久バルーンフェスティバルの大会2日目は夜間係留の予定でしたが、風のため中止になりました。

19時からのイベントに向けて、千曲川の河原にある大会会場に18時頃に到着しました。風はやや強いものの、イベント開始に備え、気球を膨らませる準備が始まりました。


 これから膨らみます パイオニアの気球と

佐久の気球が登場

夜間係留(バルーンイリュージョン)を簡単に説明します。気球が飛んでいかないようにロープで固定します。暗くなってから、バーナーで炎を焚くとまるで巨大な提灯のようになります。そこで音楽と合わせてバーナーを点けたり消したりするイベントです。

今まで見物したこたとがなかったので、楽しみに出掛けました。無風から微風くらいが望ましい状態なのでしょう。予定開始時刻になっても風が止みません。バルーンを膨らまさずにバーナーの炎だけで行うバーナーバージョンに変更になりました。残念です・・。でも安全第一ですからね。
続きを読む
posted by クランベリー at 11:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。