2007年05月29日

その後戸隠へ

善光寺参りからホテルに戻って9時30分ほど。そのまま佐久に帰るか、改めて長野市内観光をするかを検討した結果、新緑と蕎麦を求めて戸隠に行くことにしました。(この組み合わせは長野県なら何処でも可能)

昨年の今頃も善光寺と戸隠へドライブしました。その時は私の両親と伯母達とでした。善光寺は初めてという伯母を連れて小雨降る中、境内を歩きました。無事に開業の日を迎えられますようにと拝んだものです。あれから1年・・。皆が元気で過ごせたことへの感謝も込め、今回はお礼参りのドライブとなりました。

去年は雲がかかって見えなかった戸隠連峰もくっきり見えました。と言いたいところですが、前日から黄砂が酷く、晴天の割には霞んでいます。

黄砂

風が強いので鏡池もこの様相です。ここは人造湖なんですよね。魚釣りをする人もいて、神秘的で霊験あらたかな周辺のイメージとは少々ギャップがありますね。

その後蕎麦屋へ。店の入り口には蕎麦玉を吊してありました。酒屋で見かける杉玉の蕎麦屋バージョンです。11月の新蕎麦時期に戸隠神社で祈願を頂くのだそうです。注文した蕎麦の写真は取り忘れました。代わりに窓からの風景をどうぞ。

そばの実という店名です

蕎麦玉

一枚の絵のよう

上信越道信濃インターから高速に乗り佐久へ帰るはずが、どうしても行きたい所があると院長が言い出し、再び松本市へ。車のワイパーやオイルを点検してもらう等しました。研究会の名目のはずが、長野県を半周することになった楽しい週末のお出掛けとなりました。


posted by クランベリー at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

善光寺参り

5月26日〜27日と松本市と長野市で研究会がありました。長野市でそのまま宿泊予定の院長に同行しました。

26日の午後は松本市で診療報酬についての会合。最近話題の社会保険庁の担当者からの説明を受けました。改革を求められている医療者側も、解体したらリストラされるかもしれない社会保険庁の担当者さんもどちららも大変なご時世です。

その後長野市に移動し、長野県東信地区泌尿器科研究会というものに参加。会場の犀北館に宿泊しました。歴史のある素敵なホテルですが、インターネットで安い部屋を予約したため、窓の外はホテルの新館の壁しか見えませんでした。(どちらの会合も院長だけの出席です)
長野県に移り住んで9年、初めて長野市内に泊まりました。滅多にこんな機会はないので翌朝8時前から善光寺に散歩にいきました。何度も通ったことがあるのに、こんなに人影のない門前は初めてです。

大門町 レトロなお店もあります

国宝善光寺本堂再建三百年目にあたる今年はいろいろな事業が計画されています。石畳の奥には山門がありますが、5年前から進められた平成の大修理のため、工事用シートが掛けられています。本堂の前は鳩しかいません。
誰もいない石畳 鳩が占拠

善光寺を背にすると参道の向こうに、県庁所在地らしい街並みが見えます。
長野駅へと続く道

続きを読む
posted by クランベリー at 13:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。