2007年06月16日

造作家具を設置


中庭の壁面タイル」の続きの記事です。

まずは内装屋さんの様子から。石膏ボードの表面を平らにするため、隙間やネジの所などをパテで埋めます。ベージュのボードに白い跡がつくので、いきなり部屋に入るとビックリするような光景でした。

左は点滴室。右は玄関の風除室の天井です。丸い穴には照明が入ります。
壁紙を貼る前に 風除室の天井

2006年6月9日に最初の造作家具が搬入、設置されました。

既製のオフィス家具では適当なサイズがなかったりしたので、いろいろな家具をオーダーして作って頂きました。インテリアコーディネーターのOさんと、この場所にはこのような物を置こうとプランを練り、各所1?p単位でサイズを調整していきました。Oさんがそのプランを基に松本市にあるTACT(タクト)さんという家具屋さんと打ち合わせをして下さいました。この日は受付カウンターと処置室の流し台、手術室の流し台等でした。

受付の奥 カウンターが設置

処置室のシンクと収納 設置後は養生シートをかけます

松本市内にある工場で作成し、現場で微調整しながら設置します。予め何度もサイズの計測にいらしていたタクトのAさん。図面通りにカウンターが完成していても、実際に設置するまでドキドキしていたそうです。受付カウンターはピッタリ!ジャストサイズで仕上がっていました。壁と柱の位置を正確に作って下さった大工さんにも感謝しました。ミリ単位で作業するタクトさんの職人技にも感動です。
続きを読む


posted by クランベリー at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 開業までの話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。