2008年02月07日

これもアイスバーン

雪道での車の運転は別に困らない私が、信州、こと佐久市に来てからどうにも怖くてならないのです。アスファルト面が露出しているにもかかわらず、表面が薄い氷に覆われているブラックアイスバーンの箇所が多いからです。単に湿潤路面のように見えて、実は鏡のようにツルツルしているのです。
圧雪状態ならば注意して運転するのに、アスファルトが出ていたら安心しますよね。ついついスピードを落とさず走ってしまいます。

これも凍結道路


今朝のクリニック前の道路は、典型的なブラックアイスバーンではありませんが、ちゃんと?ツルツルしています。油断して歩くと意外に怖いです。スタッドレスタイヤを装着する必要のない地域にお住まいの方にはピンとこない話題かと思います。けれど、

雪のない路面でも、かえって滑りやすくなっている場合があります

今度の連休に信州を訪れる方は、充分に気をつけて運転や歩行をなさって下さい。


ラベル:信州 佐久市
posted by クランベリー at 21:09| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。