2008年07月29日

雷響が過ぎ

各地に被害をもたらした27日の激しい雷雨。
佐久地方でも、窪地が短時間で池になる位の物凄い雨量でした。
17時を過ぎた頃から空が青くなってきたので、御牧ヶ原に行ってみました。


折れてる



胡桃の丘 豪雨が過ぎて



北アルプスのシルエット


明るいのは西の空だけで、他は雨雲に覆われています。胡桃の森の彼方に北アルプスの稜線が見えました。一番尖っているのは槍ヶ岳。
雷が鳴り響いた後の、静かな景色でした。


クリニックに戻ると、気持ち悪いほどの夕焼けの中に虹がでていました。ちょっと不気味な色合いなので、ご覧になりたい方だけ、続きを読むをクリックして下さい。


続きを読む


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。