2009年01月13日

院長より、製薬メーカーに出来る事

gremz リサイクル


先月某製薬メーカーが流していた頻尿のコマーシャルをご覧になった方は多いと思います。バス旅行の車中、おしっこに行きたくなった女性達に対し、「それは治る病気です」とお医者さんが出てくるコマーシャルでした。「過活動膀胱」の啓蒙として、なかなか良くできているとともに、企業が全面に出ていない点に好感が持てました。

当クリニックにも、このコマーシャルを見て、自分の症状を治したいと勇気を出して訪れた患者さんが何人かいらっしゃいました。現在その患者さん達は、もっと早く相談に来れば良かったと仰るほどに症状が改善しています。
悩んでいる患者さん、優れた新薬、そして専門医・・ 
コマーシャルが結んだ良い御縁だったと思います。

この話を聞いて、そのメーカーの方が、損得抜きに大変喜んでおられました。自社製品に対する誇りと自信を感じました。


ラベル:過活動膀胱 
posted by クランベリー at 23:11| Comment(2) | TrackBack(0) | Dr.さとうから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。