2009年01月15日

小正月は女正月

gremz 京都議定書



小正月といえば、繭玉



7日までの松の内を「大正月 おおしょうがつ」といい、15日を「小正月
こしょうがつ」といいます。佐久市では柳の枝に紅白の餅団子を刺して焼いて食べる風習があります。

↑小正月の前から畳コーナーに飾っていた繭玉飾りです。柳の枝を丸くリース状にして、お目出度い飾り付けをしました。

繭玉の下には、干支の色紙も置いています。
続きを読む


ラベル:佐久市 
posted by クランベリー at 14:39| Comment(2) | TrackBack(0) | インテリアのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。