2009年02月01日

雨が上がり、警戒レベルも上がる

gremz リサイクル


厳寒期に降った雨が上がり、浅間山の雪は溶けてしまったのかと思っていたら、更に白くなっていました。更に、噴火警戒レベルが今までの2から3に引き上げられました。

※写真はクリックしてご覧下さい※

噴火警戒レベル3
                    
中軽井沢から見た今日の浅間山。


本日13時に発表された気象庁からの臨時火山情報

浅間山では、1月にはいって火山性地震のやや多い状態がつづいていましたが、本日07時頃から山頂直下が震源とみられる周期の短い地震が多くなり、地震回数は更に増加しています。また、傾斜計の観測では02時頃からわずかな山上がりの変化が観測されています。
これらのことから、今後、居住地域の近くまで影響を及ぼす噴火が切迫していると予想されますので山頂火口から4キロメートルの範囲では、噴火に伴う大きな噴石(風の影響を受けず弾道を描いて飛散する大きさのもの)の飛散等に警戒が必要です。


時々硫黄のニオイがしてきたり、明らかに噴煙の量が多いのは、地域住民ならば皆気付いていたので、やっぱり、という感じです。

登山禁止になりました

本日の夕刻、佐久市内から


こうして見る限りでは、いつもの山の光景です。


ラベル:軽井沢
posted by クランベリー at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。