2010年04月08日

キシリトールの採取

gremz エコアクション



冬の眠りから覚めた八千穂高原の白樺林。
DSC04955.JPG


雪解けから新芽が出るまでの1ヶ月の間に大地から吸い上げる樹液をお裾分けさせてもらう作業が行われていました。試しに地面に置かれたボトルを振ってみましたが、あいにく空っぽでした。

DSC04928.JPG


DSC04965.JPG


白樺の樹液はガム等でお馴染みのキシリトールの原料です。此処で採取された樹液は飲料水として販売されます。佐久周辺でもその商品を度々見かけますが、私は未だ飲んだことはありません。

動き始めた白樺もあれば、志半ばで折れてしまった樹もありました。

続きを読む


ラベル:佐久穂町
posted by クランベリー at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。