2011年02月01日

春いまだ

gremz 京都議定書



記録的な積雪により日常生活に支障を来している人が「節分の頃になれば雪も一区切りつくだろう」と話しているのを、テレビニュースで聞きました。寒さの峠は今日で超えたようですね。

信州の深山には春は未だこずです。
DSC02690.JPG



DSC02686.JPG




カラマツは雪面にツツジは空にと、その枝先を向け、間もなくやって来る立春の日をジッと待っていました。


ラベル:佐久市
posted by クランベリー at 19:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。