2011年03月15日

クリニックの現況

gremz 地球温暖化


東北関東大震災の発生後も当院では通常通りの診療を行っていますので御安心下さい。

11日14時46分頃地震発生時は院長は診察室で患者様を診療していました。午後の早い時間で待合室には2.3人の患者様だけでしたので、院内が混乱するような事はありませんでした。仙台出身の院長故に揺れにも慣れおり、椅子に座って体をユラユラさせながらも話を続けていたそうで、机の下に潜り込んだりはしていません。但し、揺れながら「地震の少ない佐久市でこれだけゆれるのだから震源地はきっと宮城県のほうだ!」と感じたそうです。宮城県沖地震は近い将来99%起こると言われていますから、仙台は酷い事になったのでは!と考えながら診察をしていたわけです。発生直後に仙台に住む母と無事が確認できたのは、今思うと奇跡だったと言えるでしょう。

翌12日の朝一番に院長は自分の車のガソリンを満タンにしてきました。(私の車は丁度給油したばかりだったので焦ることはありませんでした)午前中の診療も問題無く終わりました。この日も奇跡的に電話が繋がりましたが、全ての交通手段が遮断されているので仙台の実家に帰ることができず不安ではありました。

続きを読む


posted by クランベリー at 13:19| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。