2011年05月15日

時が満ち花は開く

gremz


クリニックの玄関脇にアオダモという樹があります。
DSC03418.JPG


特徴的な樹形ではなくどちらかというと渋い存在のアオダモも私が希望して植えた樹木の一つなので、ずっと愛着は持っています。園芸店から当院の駐車場にやってきた樹木たちは次々に成長し、世話をしている私を楽しませてくれますが、このアオダモは剪定を必要としないほど、いつまでたっても植えた当時の樹形のままです。


数日前、このヒョロリとしたアオダモに初めて白い花が咲きました。
DSC03417.JPG


2007年の夏に植えたアオダモは時が満ちるのを待っていたのでしょう。土地に根付いたことを自分で確かめてからやっと、綿菓子のようにふんわりとした宝物を披露してくれました。駐車場の樹木たちはそれぞれのペースで環境に順応し枝葉を広げていきます。まだ花を咲かせたことのない樹(アズキナシ)がもう1本あります。樹木の成長と当院の成長とはリンクしているように私には思えるのですが、その樹が花開くのは何時のことやら??


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。