2011年08月29日

排尿機能検査実地推奨見学施設

gremz


日本排尿機能学会HPから抜粋
排尿機能検査は従来,神経因性膀胱患者をおもな対象として行われてきましたが,近年は下部尿路閉塞疾患や女性尿失禁などの患者にも積極的に施行され,その病態解明と治療法選択において重要な役割を担っています。排尿機能検査には,尿流測定,膀胱内圧測定,尿道内圧測定,尿漏出圧測定,直腸内圧測定,括約筋筋電図,Pressure Flow Study,Video Urodynamicsなどが含まれますが,尿流測定以外の検査項目については,準備設定から精度管理に至るまで,相応の知識と経験を要する検査です。本邦における一般的な状況は泌尿器科医が結果の判読と患者への説明以外に,準備設定から検査の実施,後片付けに携わっており,極めて非効率的な状況と言えます。このような状況を改善するために,この度,日本泌尿器科学会では,泌尿器科領域で重要な位置を占める排尿障害に対して行われている検査手技と評価方法の標準化を行い,質の高い医療の効率的な提供を目指して,泌尿器科医とともに排尿機能検査に関わる排尿機能検査士の育成を目的とした排尿機能検査士資格制度を2004年に発足させることとなりました。

2011年8月より排尿機能検査士を対象とした全国56施設での排尿機能検査の実地見学を開始することとなりました。長野県内では信州大学医学部泌尿器科と当院が該当施設です。認定書を診察室に掲示しました。

DSC09233.JPG



posted by クランベリー at 15:57| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。