2011年10月28日

蕾ある限り

gremz



朝露よりも儚い姿に日本人は美しさを見出してきました。品種改良が重ねられ、晩秋になっても咲き続ける朝顔が作られました。周囲は黄葉の季節となっても、蕾がある限り花を咲かせようとする逞しさを朝顔は持っているようです。

DSC09838.JPG


DSC09840.JPG




posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 樹木たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。