2012年04月01日

地元の商店街

gremz


クリニックの住所からすると、地元商店街という位置づけになります。古くは中山道69次のうち第22次の宿場町として栄えましたが、現在ではご多分に漏れず、佐久市民の殆どは大型商業施設を利用しています。
1-1-CA3K0004.JPG


商店街の中には、佐久市の友好都市である岩手県大船渡市や宮城県沿岸の海産物加工品を扱う、アンテナショップがあります。
1-CA3K0012-001.JPG


地元商店街で三陸の商品が買えるようになったのですから、私にとっては夢のようなぴかぴか(新しい)店舗であります。

1-1-CA3K0002.JPG


三陸という言葉に過大なる期待を持ちながら私は入店しましたが、正直、品揃えは決して多くはありませんでした。三陸で海産物を加工製造できる環境が整ってないからなのか、店舗側の仕入れの手腕なのか・・。いずれにせよ、これからが楽しみな店です。佐久の方々に三陸の味を御堪能頂ける日まで、私は客として地元商店街を応援したいと思っています。


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバロウ東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。