2012年04月08日

胡桃の丘にちがいない??

gremz


春の大嵐が去った後も佐久市では雪混じりの風が吹き荒れる日が続いています。テレビからはお花見の映像が流れてくるというのに、当院では未だ福寿草もクリスマスローズも咲いていません。昨日もかなり寒い日でした。浅間山を見ている限りでは蓼科の悪天候は想像できませんが、白樺湖方面から来る車は雪を被っていました。
1-CA3K0013.JPG


もう少し歩いてもいいよ〜というソフィーを早々に車に乗せ、ちょっと遠回りして帰ることにしました。普段はあまり通らない道を運転中に偶然視界に入ってきた景色がありました。これはもしや?

※クリックしてご覧下さい。
1-DSC01313.JPG


御牧ヶ原のシンボルツリーの一つでは??
1-DSC01315.JPG

胡桃の丘に違いないのでは???

丘からは望月や立科の町並みが見えるので、立科町内からも胡桃の木が見えるハズです。このように。http://continence-clinic.seesaa.net/article/129499776.html 
一枚目の写真の場所からも御牧ヶ原はよく見えますが、胡桃の木を確認することはできません。偶然とはいえよく見つけられたものだと自分で感心しています。それと、胡桃の丘のクルミの木と浅間山が同時に見えるポイントもこのX地点だけのような気がします。

見えそうで見えない景色・・、それも御牧ヶ原の不思議な魅力の一つです。


ラベル:立科町 御牧ヶ原
posted by クランベリー at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。