2012年06月30日

夏越の祓の日

gremz


陰暦で世の中が動いていた時代、一年のうちの半年分の罪や穢れ(けがれ)を祓(はら)い、残り半年の無病息災を祈願する大祓(おおはらえ)という行事が6月と12月にありました。12月は31日がその日にあたり、新しい年を迎える年越の祓(としこしのはらえ)が行われました。6月は30日に御祓いが行われました。それが、夏越の祓(なごしのはらえ)です。身を清め災厄を払い、ご先祖様の霊を迎える「お盆」に備えたのだそうです。

今年も半分が過ぎました。皆様にとってどんな6ヶ月間だったでしょうか。2012年の折り返し地点を機に、心身と日々の暮らしをリセットして、私も後半6ヶ月間をスタートしようと思います。


小諸市南ケ原にて。
浅間山と黒斑山の地表から湧き上がる雲。群馬県側からやって来る積雲。上空の高くに発生した巻雲。多様な雲が現れた6月30日の空。
 
1-DSC05866.JPG



posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。