2012年10月23日

クルミの話

gremz


冷涼で雨の少ない地域を好む胡桃の木。佐久市の隣の隣にある東御市はクルミの一大生産地なので、東信地区の農地には欠かせないシンボルツリーです。御牧ヶ原は佐久市の隣町である小諸市と東御市に跨る台地なので、当然のように胡桃の木がたくさん見られるのです。

 
DSC06897.JPG


 
DSC06900.JPG


 
DSC06909.JPG


 
DSC06917-001.JPG


クルミの大きさは正常な前立腺とほぼ同じ大きさだという事を御存知ですか?男性特有のクルミが男性ホルモンの影響を受けて大きくなれば「前立腺肥大症」となり、前立腺の細胞に腫瘍ができれば「前立腺癌」となります。オス犬にも前立腺があるので、高齢になると人間と同じように前立腺の病気になります。クルミと食べると前立腺癌の成長が遅くなるという動物実験の結果が報告されているそうです。クルミと前立腺と泌尿器科・・、深いご縁があったのですね。このブログのタイトルもクランベリーからクルミノートに変更してもいいのかも!?
(ソフィーには前立腺はありませんよ(*^-^) )
 


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バーニーズマウンテンドッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。