2014年02月15日

豪雪

gremz


「さあ、雪搔きだ!」と意気込んで起床した15日の午前5時半、外に出た途端、我が目を疑いました。クリニックの駐車場には、50センチを超える積雪。診療が始まる前に除雪を終わらせるのは到底困難と判断した院長は「無力感に押しつぶされそうになった」と言いました。いつも除雪作業をお願いしているシルバー人材センターの方達が来て下さる気配は皆無・・。マイカー通勤のスタッフは何時に到着できるかの目処は立たず・・・。途方に暮れかけたところに、クリニックの比較的近くに住むスタッフが徒歩で来てくれたので、患者様からの電話対応を彼女にお願いし、院長は雪搔きに専念しました。
(結局他のスタッフは自宅に引き返してもらいました)

 
DSC00837.JPG


 
DSC00838.JPG


 
DSC00839-001.JPG
                  
(青の矢印が雪の上面)

クリニックの前の道路では、雪に嵌って動けなくなる車が続出でした。ご近所さんと一緒に、車を押すお手伝いをすること約10回。除雪車が来て車の通行が可能になったのは、お昼近くになってからでした。
 
DSC00848.JPG


大雪の中、来院して下さった患者様は1名でした。<(_ _*)> アリガトォ

 


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。