2008年07月29日

雷響が過ぎ

各地に被害をもたらした27日の激しい雷雨。
佐久地方でも、窪地が短時間で池になる位の物凄い雨量でした。
17時を過ぎた頃から空が青くなってきたので、御牧ヶ原に行ってみました。


折れてる



胡桃の丘 豪雨が過ぎて



北アルプスのシルエット


明るいのは西の空だけで、他は雨雲に覆われています。胡桃の森の彼方に北アルプスの稜線が見えました。一番尖っているのは槍ヶ岳。
雷が鳴り響いた後の、静かな景色でした。


クリニックに戻ると、気持ち悪いほどの夕焼けの中に虹がでていました。ちょっと不気味な色合いなので、ご覧になりたい方だけ、続きを読むをクリックして下さい。


不気味でしょ


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 15:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご無沙汰して申し訳ございません。
三井ホームの佐藤です。
佐藤先生、奥様、開業2周年おめでとうございます。
いつもブログを読ましていただいて、本当に佐藤クリニック様に少しでも係わることが出来たことが、ありがたいことだと思っております。
これからも、宜しくお願い致します。
Posted by 三井ホーム 佐藤 at 2008年08月03日 11:11
さすが佐藤さんですね、ありがとうございます。

5月の連休の話です。
当院の患者様で新築希望の方がモデルハウス巡りをされたそうです。

とある担当の方が、
「どんなタイプの家がお好きですか?」と尋ねたところ
「さとう泌尿器科のようなデザインがいいかと思って・・」
「その医院でしたら、当社で建てたものです」と、双方驚かれたとか。
何とも嬉しい話ではありませんか。

10年後も飽きのこない、親しまれるクリニックを目指して頑張ります。
Posted by cranberry at 2008年08月03日 18:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。