2008年09月19日

中山道塩名田宿

かつて皇女和宮が徳川家を嫁ぐために通った中山道。
この塩名田宿(しおなだしゅく)は江戸から数えて23番目の小さな宿場町です。
天保十四年の記録によれば、東西四町(約440メートル)、家数116軒、本陣1、脇本陣2、旅籠7軒とあるそうです。


佐久市浅科(あさしな)地区にその街道や建物は現在も残っています。昨今の大河ドラマ人気に煽られ、江戸の雰囲気を探しに行きました。

塩名田宿 お滝通り


Hatago


豆腐屋



江戸と明治と平成が同居しています。

何枚も写真を撮ってきましたが、構図が気に入らないものが多く、画像編集しながらも釈然としない気持ちで記事を書いています(爆)もしかしたら記事を削除するかもしれません。うーん、どうしよう・・・。


ラベル:中山道
posted by クランベリー at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。