2008年10月05日

信州味噌とラーメン

gremz35日目


この土日佐久市内の公園で商工会主催のお祭りがあり、今朝は9時の会場に合わせて出掛けてきました。


行列の先には

この行列は?



安養寺ラーメン

信州味噌拉麺




信州と言えば味噌、麺と言えば蕎麦。美味しい味噌がある長野県には意外にも「ご当地ラーメン」というのが無いのです。信州ラーメンなどと聞いたことがないでしょう?

佐久にある臨済宗「安養寺 あんようじ」は鎌倉時代の僧「覚心 かくしん」の遺志で開かれた寺。覚心は修行で渡った中国で味噌造りの技術を学び、日本に戻り各地に広めました。覚心縁の安養寺は信州味噌発祥の地と言われています。

(覚心は松本市の出身だったため、松本こそが発祥の地という話もあります)

寺の歴史を知った安養寺の現住職が、寺周辺の畑で檀家の方々と一緒に大豆を育て味噌を造りあげました。それを安養寺味噌と言い、佐久市が地域活性のために最近特に力を入れている産物です。

佐久市内6店舗のラーメン店が、この味噌を使って共同で開発したのが安養寺ラーメンです。
全国各地のご当地ラーメンの中に信州ラーメンの名前が並ぶのは意外に近いかもしれませんね。


お祭りではセグウェイの試乗もできました!
セグウェイ試乗


余談1 信州蕎麦を味噌だれで食べる、という開発はないのだろうか・・

余談2 帰り際院長が、携帯を何処かに落とした!と叫んだ。
    公園の中を探し回り、見つかった場所はこのラーメン屋台の近くだった・・。


ラベル:信州 佐久市
posted by クランベリー at 14:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。