2008年11月05日

−2.4℃の痕跡

gremz オゾン層破壊



赤い屋根に白い霜


今朝6時台のの長野県内の天気予報を見たらマイナス気温なのは佐久市だけ。クリニックの周りは霜で真っ白でした。物置小屋の屋根は朝日があった所から順に元の赤い色に戻りつつありました。−2.4℃まで下がった痕跡が日陰に残っていました。

クリニックからも北アルプスが見えます。雪を被って白く輝いて見えました。
北アルプスも白い


霜が消えてしまえば、いつもの穏やかな晴天の朝となります。

浅間山を背負っています


posted by クランベリー at 21:52| Comment(3) | TrackBack(0) | クリニックのある風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これから又冬に向かっていくのですね。いやですね〜クランベリーさんの雪はきの風景ほんの少し前だったような気がしますが早いもので又そんな季節になりますね。我が家の孫犬も夏は冷たい場所を求めていましたが、最近は彼女のハウスの中で爆睡しています。寒さに強い犬のようですが最近の寒さ身にしみているのかもしれませんね。
Posted by 白根葵 at 2008年11月06日 12:46
晩秋になると毎年、このまま冬がこなければ
いいと思っていました。でも、スイス原産の山犬と暮らし始めたら、
雪景色が待ち遠しいです。
うちも孫犬ちゃんと同様に、冷たい場所が探さなくなりました。
Posted by cranberry at 2008年11月06日 13:57
白根葵さん、私の所にも6年前まで犬がいました、寒くなるほど元気になるようでした、白い雪の中を走りまわる姿も可愛いものです、これからが犬の季節のようですね。

Posted by araya at 2008年11月06日 19:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。