2008年11月19日

冬はつとめて

gremz 絶滅動物



あさ早い時間のあさまやま


春は曙、冬はつとめて。

春は夜が明ける前の景色が美しく、冬は早朝が良いということ。今朝6時30分の浅間山。中腹まで雪を被り、朝焼けで真っ赤になっていました。それから15分も経つと、空は青く山頂は雲に覆われ面白味のない姿になりました。

さて、夏と秋は何だったでしょう?? 答えは一番最後に。


寒くなったらやろうと思っていた事。
昨日野菜の直売所で、みかん箱一杯に入った大根を買ってきました。13sほど入って300円手(チョキ)超お買い得品るんるんこれで大根のビール漬けを作ってベランダの日陰に置いておこう。
寒くなると保存食作りができるので、冬もいろいろ楽しい季節!




夏は夜〜月明かりや蛍が飛び交う様子が良い

秋は夕暮れ〜ねぐらに帰る鳥の姿や風の音、虫の声が良い




ラベル:佐久市
posted by クランベリー at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。