2008年12月10日

北アルプスの麓を眺める

gremz カーボンオフセット


常念岳 

春は名のみの


わさび農場を後にし向かった先は、早春賦の歌碑がある公園です。

画像はクリックして大きいサイズでご覧下さい。
春も待ちわびる心

観光用ではない本物のわさび田

白馬方面まで見える


春は名のみの風の寒さや で始まる唱歌、早春賦。この日のような陽気の中にいると、早春の安曇野にいるような錯覚をしてしまいます。歌碑の横にはワサビ田が広がり、穂高川の向こうには白馬方面まで伸びる北アルプスが見えます。



初めて撮した道祖神


何度も安曇野へ行っているのに、道祖神を撮したのはこれが初めてでした。昭和50年に作られた比較的新しい道祖神です。
私が最後に安曇野を歩いたのは、佐久市へ転勤する話がでた頃なので6年くらい前です。それからいろんな事があって、今は泊まりがけで観光に来ている・・。
しみじみと北アルプスを眺めた2日間でした。

※おみやげ※

丸山菓子の栗きんとん


栗と砂糖だけでつくられた栗きんとん。松本市内では購入できなくて、穂高まで何回も買いにきました。佐久市周辺の菓子店でも売ってないので、絶対入手したかった美味しい栗菓子♪


ラベル:信州
posted by クランベリー at 20:50| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント

9日のツーショットはなかなかです。

全ての生物は原点で繋がってる?


会話が聞こえてきそうです。




Posted by suzupapa at 2008年12月10日 20:58
立ち上がるのは大得意のソフィー。時々
歩きます(ホントだよ)
何を見てたのでしょうね?

私達が観光している間、suzupapaさん
本当にお疲れ様でした!
Posted by cranberry at 2008年12月10日 21:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。