2009年01月19日

正しいマスクの装着方法

 
gremz 植林


いよいよインフルエンザの集団感染のニュースが流れるようになってきました。 当院では昨年12月にサンプルとしてN95マスクを取り寄せました。

- N95マスク(Particulate Respirator Type N95)とは -

米国労働安全衛生研究所(NIOSH)のN95規格をクリアし、認可された微粒子用マスクのこと。数字の95は「0.3マイクロメートル以上の空気中の微粒子を95%以上カットできる」ことを意味し、防水加工もされているので汚染血液や体液の飛沫に対しても効果があります。


頑張ってマスクを装着してます


鼻や口の周り、すなわち顔とマスクが密着して、吐いた息が外に漏れないように装着する必要があります。

        ↓これでは効果がありません!?
これでは効果なし?



長野県内ではノロウイルスの集団感染が最近ニュースになりました。手洗い、うがい、外出時のマスク着用などで、流行病には罹らぬよう御注意下さい。


posted by クランベリー at 09:50| Comment(6) | TrackBack(0) | バーニーズマウンテンドッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
インフルエンザは流行ってから予防しても遅いでしょうし流行る前からマスクをするのも煩わしいし佐久地方にはインフルエンザは流行しないでほしいですね。ところでソフィ−ちゃんマスクの装着具合の感想はいかがですか?
Posted by 白根葵 at 2009年01月19日 18:22
「犬のワタシとしては、鼻先にこんな物を
付けられるのは我慢なりません!」
という事でした。でも看板犬は頑張ります♪

ここ数日は気温差が激しいので体調管理に
ご留意下さい。
Posted by cranberry at 2009年01月19日 19:13
ソフィーちゃんのキョンとしたマスク顔
かわいい〜0(>.<)0
写真をみた時思わず大きな声で言ってました(笑)

昨日○○DASHという某番組を見ました。
聡明なソフィーちゃんとはかけ離れて違い

まだ、幼い落ち着きのない犬の性格を直すという趣旨ものでした。
ある有名な調教師に訓練されて、みるみるお利口になっていく犬たち。
見てて目を見張るものがありました。
けれど、訓練される前も後も飼い主に対する眼差しは変わりなく
ソフィーちゃん同様かわいいと思いました。
Posted by K.くりにっく.ナース at 2009年01月19日 21:42
〜K.くりにっく.ナースさん〜

どうぞ笑って下さい。物凄く迷惑そうな目をしているでしょ〜〜。

その番組、真剣に見てました。
「1ヶ月頑張れば一生楽になります」という
トレーナーさんの言葉を励みに、日曜の夜から
躾のやり直しをしています。
ソフィーは我が強いので、頭を抱えているんです(;-_-)=3
Posted by cranberry at 2009年01月20日 09:39
可愛い。何て、何てお利口さんなのでしょう。思わず顔がほころびますね。立派なクリニックのスタッフです。

二枚目などは、まなざしが「哲学的」ですらあって、迷惑そうには見えませんが・・・。まさに「ソフィーの世界」ですね。

私も「犬派」なので、ソフィーちゃんに癒されます。「ベル」も、昔、飼ってた愛犬の名前なのです。ハイ。老衰でした。
Posted by ベル at 2009年01月20日 17:20
〜ベルさん〜

昔飼っていた愛犬、というフレーズだけで
ウルッときます。

これが利口じゃなんですよ(号泣)
大型犬は表情が豊かですし、特にソフィーは
喜怒哀楽の感情がはっきりした犬なので、
目に表れるのだと思います。

これからも無愛想ソフィーをよろしくお願いします♪
Posted by cranberry at 2009年01月20日 21:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。