2009年01月29日

前掛山

gremz エコアクション


先週の降雪以降、春がきたのかと思うほどの天候です。浅間山が雪を被っているうちにと、御代田町と軽井沢町の境界にある展望地に行ってみました。

眼下は御代田町

前掛山



厳密に言うと、佐久市やここから見える山肌は浅間山の外輪山である前掛山です。山頂の下の左右に延びる稜線が前掛山であり、噴煙が上がっている場所こそが浅間山本峰です。

気象庁地震火山部では、毎日浅間山の火山情報を流しています。
火山性地震の回数、二酸化硫黄の放出量、噴煙の程度など。山頂火口では依然として熱活動の高まった状態が続いていると考えられるそうです。

物凄く寒そうな山頂の下では、熱いマグマが未だに燻っているのです。

おまけ〜 追記の追記です。

中軽井沢から見た前掛山


夕方、中軽井沢の公園から見た、前掛山と浅間山の様子。外輪山の雰囲気がお解り頂けるでしょうか??


ラベル:軽井沢
posted by クランベリー at 11:24| Comment(2) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
度々、浅間山の姿を見せてもらいますが、外輪山前掛山の姿、噴煙、雪の白,空の青、
活火山の凄さが、少しわかるような気がします。

Posted by araya at 2009年01月29日 22:39
正直、写真だけでは解りづらいと思います(笑)
噴煙を上げる山頂の様子は毎日違う顔なので、
見ていて飽きません。
Posted by cranberry at 2009年01月29日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。