2009年02月14日

視線の向こう

gremz



飼い主の愛情を信じて疑わない、真っ直ぐなソフィーの瞳。


※画像はクリックして大きいサイズでご覧下さい※

DSC07290-1.JPG

DSC07292.JPG

DSC07304.JPG


DSC07306.JPG  DSC07317.JPG


私達以外に唯一、ソフィーが関心を寄せる手。差し出されるのはお菓子だけでなく、優しさがこもっていることを理解しているから、自分からその手に走り寄って行く。ヨダレ、見えますか?

雪があっても無くても、犬たちは一生懸命に遊んでいます。


ラベル:
posted by クランベリー at 22:53| Comment(2) | TrackBack(0) | バーニーズマウンテンドッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ソフィ−ちゃん今日もいいお顔してますね。
昨日又孫のスケ−ト大会が有、息子夫婦も孫犬連れて行きました。子供達が大きな犬と珍しがって集まってきました。ソラの反応が心配で緊張したのですが、〔わたち平気よ〕と子供達の沢山の手が伸びてきても平気そうにしていて安心しました。子供達の関心はよだれと大きなお鼻のようで鼻をさわりたがっていました。家に帰ってからは気疲れ下のでしょう。ぐっすりお昼寝してました。
Posted by 白根葵 at 2009年02月16日 14:50
孫犬ちゃん、営業活動お疲れ様〜☆
ご存じのようにソフィーは他人に触られるのが好きではありません。
いつも行く遊び場では、他の飼い主さん達が
そんな性格を理解して下さるので、
少しずつ「愛想」というものを持てるようになりました。
Posted by cranberry at 2009年02月16日 20:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。