2009年02月28日

初恋りんご風呂

gremz 京都議定書



島崎藤村が明治32年に英語と国語の教師として小諸に赴任し、足掛け7年にわたり親しんだ一軒宿があります。

駐車場から白壁の土蔵を通り過ぎて。

土蔵ギャラリー



『小諸なる古城のほとり』島崎藤村が千曲川旅情の歌を執筆した部屋には実際に宿泊できます。

中棚荘


下駄に記された宿の名前


館内の廊下


10月から5月頃まで、内湯にりんごが浮かびます。

千曲川を見下ろすりんご風呂


何故ただのリンゴ風呂ではなく、「初恋」がついているのか?
島崎藤村の詩「初恋」の、『まだあげ染めし前髪のりんごのもとに見えしとき…』より、初恋りんご風呂と命名したのだそうです。

車を駐めてから再び駐車場に戻るまで約40分。館内の撮影や見学をするために入浴料を払ったような、あまりにも慌ただしい温泉探訪でした。


ラベル:小諸市
posted by クランベリー at 14:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。