2009年05月16日

軽井沢町の花

gremz 地球温暖化


日当たりの良い湿地に咲く桜草。軽井沢町の花だそうです。

DSC09636-1.JPG


DSC09638.JPG


DSC09637.JPG


軽井沢は標高が1000メートルくらいと高く、太平洋側と日本海側の境界付近に位置するので、植物種がとても豊富だったそうです。
別荘地のための造成、リゾート開発などで最近の軽井沢はミニバブル状態です。環境の良い場所を求める人達により土地が開発されると、自然は減っていくことになる・・。軽井沢は行く度に何か矛盾を感じる場所なので、週に1〜2回も通う割には写真を撮りたいと思うことが少なかったりします。


ラベル:軽井沢
posted by クランベリー at 15:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。