2009年07月02日

オオルリシジミ

gremz 絶滅動物



今日の午後、御牧ヶ原で蕎麦の花を撮っていたときの事。
DSC00381.JPG


何やら足がムズムズするので下を向いたら、ジーンズの裾に大量のアリが付いていました。どうやら私、アリの巣穴を踏んでいたらしく、怒って足を攻撃してきたのでした w( ̄o ̄)w オオー!
これは失礼しました!とアリを払っていたら、目の前に初めて見る蝶が1頭。

DSC00384.JPG


環境省のレッドデータバンクにおいて絶滅危惧種T類に分類されているオオルリシジミでした。
DSC00392.JPG


DSC00388.JPG


蝶が羽化して自然界に出てくるのは、5月中旬から6月中旬までの間で、生存期間約2週間と短いのだそうです。
噂には聞いていたオオルリシジミに偶然会えて、感激しました。

青い蝶・・何か幸運を運んでくれそうな響きですよね♪


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 21:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。