2009年07月06日

信州でも松食い虫

gremz エコマーク


DSC00395.JPG


海から遠い信州でも、松食い虫の被害は広まっています。標高900メートルの地域でも確認されたそうです。農薬の空中散布をすれば、虫の駆除に効果はあっても、人体への健康被害が懸念されます。かといって、放置すれば木はどんどん枯れていきます。 

御牧ヶ原の北にある上田市では赤松が多く、松茸の名産地をしても知られています。そこでも松食い虫による赤枯れが広がっています。空中散布の予算が削減されたことも関係しているそうです。

人間と自然環境と双方が健康でいられることは、何て難しいのだろうと思いました。


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 信州の話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。