2009年11月06日

森林限界

gremz 省エネ



DSC02016.JPG


DSC02022.JPG


雪でうっすら白くなった山肌は立体感が強調されるのか、それまでとは違う形相となります。次の写真をクリックしてご覧下さい。

DSC02006-2.JPG



森林限界が見て取れると思います。グラデーションの斜面はなかなか見応えがありますよ!

森林限界とは、高木(樹高が5メートルを超えるもの)が生育できなくなる限界の高度のことです。標高が高くなるにつれ、樹は低くなりますよね。浅間山の森林限界は2200メートル付近、富士山では2500メートル付近だそうです。

DSC02015.JPG


今日もお天気が良かったので、浅間山の雪は殆ど消えてしまいました。今度雪が降る頃には落葉松の葉もすっかり落ちているでしょうから、紅葉と雪という組み合わせは、晩秋の印象深い風景となりました。


ラベル:御代田町
posted by クランベリー at 19:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
相変わらず撮影、流石ですね。
旬な情景は良いものです。

先日、栗駒に行ってきました。
栗駒山荘が改装されており、
紅葉とマッチして、なかなかでした。

浅間山をみていると、
年時計の様ですね。

寒い季節になりますが、
きりたんぽと熱燗が楽しみです。
怖いもの知らずのインフル免疫チームは、
食の秋を満喫したいと思います。

Posted by suzupapa at 2009年11月06日 21:48
罹った者勝ち!という感じですね(苦笑)
東北地方はモミジなどで真っ赤になりますから
見応えありますよね。

そうそう、さっき、由利本荘市(矢島)の
市職員の方とお話してきましたよ。
詳細は後で記事にします。
Posted by cranberry at 2009年11月07日 12:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。