2010年01月31日

信州の山犬

gremz 砂漠化



バーニーズマウンテンドッグBernese Mountain Dogはヨーロッパアルプスの厳しい自然環境の中で、牧畜犬や護衛犬としてだけでなく、ミルクや乳製品荷車を曳く使役犬として2000年以上前から人間と共に暮らしていました。バーニーズという名前の由来は原産地スイスの首都ベルン市Bernにちなみ、ベルナー・ゼネンフント(ベルンの山犬)と呼ばれるようになりました。ベルンの英語読みがバーニーズなので、現在の名前となったそうです。ベルンの語源はドイツ語でBär なのだそうです。熊のような山犬というのは、何ともバーニーズマウンテンドッグの容姿にピッタリだと思います。

人間と一緒に居るのが何より好きで、戸外で隔離した環境下では精神的に大きなストレスを受けます。飼い主の側で暮らすのが何より幸せな犬種なのです。


八ヶ岳東麓の裾野に広がる野辺山高原の農地。

DSC03461.JPG


DSC03459-1.JPG


DSC03458.JPG


DSC03478.JPG


遠くに雪を抱いた浅間山を眺めるこの地は信州の山犬ソフィーが最もイキイキする環境でもあります。

何が気に入らないのか、最近のソフィーはご飯を食べません。犬がご飯を残すなんて信じられないでしょう(苦笑)朝夕と一日に2回、餌をあげますが、褒めておだてて持ち上げて、やっとの思いで食べさせています。ソフィーは食べる量が減ると直ぐに痩せてくるので、「食べたくないなら放っておけばいい」」というわけにいきません。「大きな犬ですね」と言われますが、お腹周りに余計なお肉がついていないし、自分の犬ながら羨ましい体型をしていると思います。バーニーズは食欲よりも飼い主の側にいることを優先させる犬なので、ご飯が無くても構わないようです。


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | バーニーズマウンテンドッグ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。