2010年04月22日

不機嫌な医療機器たち

gremz エコマーク



不運は重なるもので、今日は次々と医療機器に不具合が起こりました。

1先ずは午前中、診察室の机の上に置いてある顕微鏡のライトが切れました。代わりに懐中電灯でプレパラートを照らしながら使うはめに。

2午後から不機嫌になったのは、膀胱内圧を測るための器械のポンプ
3更に尿量センサーも調子が悪くなりました。 (x_x;)シュン
膀胱内圧検査については↓こちらを御参照下さい。
http://www.continence-clinic.com/treatment/urodynamic.cfm

23の不具合を直しているうちに、検査時間が大幅に遅れてしまいました。やっと検査を終えて、診察室に戻った院長がパソコンを操作しようとすると、

4今度はマウスが動かなくなったので電子カルテに入力することができません。 (゚∇゚ ;)エッ!?

illust2265_thumb.gif


5最終的に今日一番不機嫌だったのは院長でした。L(・o・)」 オーマイガ!


posted by クランベリー at 20:48| Comment(4) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うう〜ん、突然の機械類の不調困りますよね。その日の診療状況お察しします。

私たちのクリニックも時々あります。
特に困るのは朝一でパソコンを立ち上げた時、うまく立ち上がらない時です!!

何も進められないです..

とかく人間は新しい物や人に目を向けてしまいがちですが、そんな時ずっと使っている機械に対し心の中で..

”よく働いてくれているからだよね”と思います。さとう先生の所の機器は毎日フル活動
している反面なんでしょうね。

ちなみに当院でよく不機嫌になるのは、
*超音波エコー*です(笑)

Posted by K.くりにっくナース at 2010年04月23日 14:00
パソコンの不具合はクリニックのみならず
泣きたくなりますよね。
エコーは泌尿器科なら使用が高いので、
相当大変でしょうね。

当院の不機嫌No.1は飲み物の自動販売機です。
利用者が少ないからかな・・。
Posted by cranberry at 2010年04月23日 20:15
電気機具は、設置する時一斉なので、不機嫌になるのもも同時みたいに来るようです、其れだけ使用している事と思えば。。。こちらは電気のブレーカが、時々落ちるのはブレーカの器具が疲労してきているとの事です。、それを思えば良いことと思えばいかが。
Posted by araya at 2010年04月23日 20:43
ブレーカーも老化したということですね(-_-;ウーン

院内の照明用の電球も順番に寿命がきているので
その度に、私は脚立を持って交換に行きます。
Posted by cranberry at 2010年04月24日 09:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。