2010年06月01日

泌尿器科医の醍醐味

gremz カーボンオフセット



先日、信州大学医学部の学生が当院に見学にいらっしゃいました。
医学生に泌尿器科の疾患や検査、開業医と勤務医の違い等々の話をしたそうです。

泌尿器科の開業医の仕事といえばか尿道カテーテル交換だ、という印象を医学生は持っていたようです。ところが当院では尿道カテーテルを留置している患者様はあまりいらっしゃいません。院長は医学生に言いました。

泌尿器科医の仕事はカテーテルを挿入することではなく、抜くことなんだ。それまで入っていたおしっこの管を抜いて、自分でおしっこをするという当たり前の喜びを患者さんに取り戻してもらうことなんだよ。
それが泌尿器科医の仕事の醍醐味なんだよ。

うちの院長もなかなか良いことを言いますねるんるん


posted by クランベリー at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。