2010年10月12日

山あいの棚田

gremz



浅間山の南麓には、尾根と尾根の間の窪地に小さな集落が点在します。堰を作り山の神を祀り、山あいの田畑を守ってきた人々の暮らしがあります。
熊に遭遇する可能性を危惧しながらも訪れたのは、棚田の向こうに見える八ヶ岳を撮りたかったからです。

小諸市菱野 筒井澤の棚田
DSC06894-1.JPG


※クリックしてご覧下さい。
DSC06878.JPG  DSC06880.JPG

DSC06887.JPG  DSC06890.JPG


棚田のある扇状地は千曲川へと続き、御牧ヶ原台地を越え、佐久平の平地から蓼科山へと繋がっていきます。起伏に富んだ信州の地形を感じられる場所です。

身じろぎもせず、棚田を見守るお婆さん!?
DSC06902.JPG


ラベル:小諸市
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。