2010年10月29日

野分雲

gremz


古くは台風という言葉がなかったので、草木を吹き抜けて通る風のことを野分といいました。秋から初冬にかけて訪れる台風による暴風を指す言葉でもあります。

翌日には長野県に再接近すると思われる野分によってうごめく、御牧ヶ原の空。

DSC00820.JPG


DSC00816.JPG


DSC00834.JPG


ラベル:御牧ヶ原
posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 茶のみ話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。