2011年02月10日

丸窓電車

gremz エコバッグ


偶然読んだ雑誌の記事に、丸い窓のあるレトロな車両が載っていました。上田市と別所温泉とを結ぶ上田電鉄別所線のまるまどりーむ号です。

DSC07361.JPG


DSC07362.JPG


DSC07366.JPG

下之郷駅にて


別所線が走る塩田平(しおだだいら)という地域は私がかつて松本に住んでいた頃に何度も通ったことがあります。

松本市から東京に行く場合、特急か高速バスを利用し3時間はかかります。特急あずさは新宿止まりなので、新幹線に乗る時は東京駅まで乗り継ぎをする必要がありました。しかも「あずさ」はよく運休します(人身事故により)目的の時間まで都内に行こうと思ったら、新幹線長野新幹線を利用するのが得策でした。松本市内から車で上田駅に移動し「あさま」に乗れば確実に3時間以内に東京駅まで運んでくれます。「松本にも新幹線があったらいいのに」と口癖のように言いながら塩田平を通過したものです。でもその頃は別所線を意識したことはなかったので、道路と線路の位置関係が今の私には全くわかりません。
別所線を撮ろうと思ったら先ずはカメラ撮影地の下見ですexclamation

下之郷駅
DSC07364.JPG


舞田駅から別所温泉駅に向かう1101。この周辺はとても絵になる取り合わせらしいです。
DSC07372.JPG


先に到着していた1101
DSC07375.JPG


DSC07374.JPG




塩田平を走ると改めて「新幹線の停車駅がある町に住めて良かった」と思うのです。別所線沿線の地理をもっと勉強してから再度訪問しようと計画しています。


ラベル:上田市
posted by クランベリー at 20:11| Comment(2) | TrackBack(0) | 電車へGo! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 電車の丸窓と吊皮のショット……思わず笑ってしまいました。 クランベリーさんの大きな目にはいろんなものが見えるようですね。 写真の舞田駅の、隣の八木沢駅は高校生の頃の通学駅でした。 塩田平の田園が広がる、旧い駅舎(停留所)の四季…… 誰もが懐かしさを覚える光景が広がります。 次回にどうぞ。
 塩田平は「信州の鎌倉」とも呼ばれています。 歴史散歩・古刹巡りもぜひどうぞ。
Posted by 蒼山庵 at 2011年02月11日 10:36
ワーッ!蒼山庵さんありがとうございます。
御牧ヶ原経由で行ってきました塩田平。
駆け足で下見をしてきましたので、面白みのある写真は
「丸窓スマイル」だけです(笑)

松本在住時代は気付かなかった沿線の魅力を
撮ってみたくなりました。いろんな意味で
懐かしい想いがする田園風景ですね。
Posted by cranberry at 2011年02月11日 11:16
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。