2011年03月28日

届け届け電子レンジ

gremz 絶滅動物


illust526_thumb.gif

3月11日に棚から落下して壊れてしまった仙台市青葉区にある院長の実家の電子レンジ。ライフラインが止まった中で不便な生活に耐えていた両親に陣中見舞いの品を送りました。仙台市内の大型電気店の窓ガラスは割れて散乱するなどで営業している店は少ないそうです。営業している店でも注文してから商品が届くまで2週間はかかると言われたそうですし、なにより商品を受け取りに行くためのガソリンが無いのです。杜の都仙台にあって物流が滞ることになるなんて・・。
25日からヤマト運輸がお届け先まで荷物を配達してくれるようになったので、26日の午後に佐久市の電器店で機能がシンプルで使い良さそうなオーブンレンジを買い、宅急便の営業所に持ち込みました。通常なら翌日に着くが数日は遅延するかもという事でしたが荷物を引き受けてくれました。
illust3886thumb.gif


到着まで何日かかるのか・・、私達の心配を他所に電子レンジは27日の午後から仙台の佐藤家の台所で働き始めました。母は宅急便の配達員さんに何度も何度もお礼を伝えたそうです。今朝も津波注意報が発令されるほど大きな余震がありました。母は丁度台所に立っていたそうで、真っ先に電子レンジに覆いかぶさり落下防止をしたのだと夜の電話で教えてくれました。

仙台市内の様子は随時テレビで見ることができますが、母達から電話で話を聞く度に、今回の悲しい出来事がより一層リアリティのある現実として受け止めることができます。東北地方最大の都市である仙台市が元気になってくれないと、東北人は何かと困るのです。日常生活を取り戻すまでガンバロウ東北。


posted by クランベリー at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバロウ東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。