2011年04月18日

自然エネルギー

gremz



資源エネルギーの乏しい国で生きている人間としては、原子力発電の存在を真っ向から否定したくはありません。自然エネルギーにも長所があれば短所もあります。太陽光発電や風力発電を多様すればいいという考えには私は反対です。雪国では太陽の恩恵を受けられない期間が長いです。強風下では風車を回せないため、安定した電力供給は難しいそうです。低周波音による健康被害、景観の破壊、ブレードに衝突してしまう鳥たち。どうすれば地球と人間が上手く折り合いをつけられるのか・・、私には考えが及びません。

身長130センチの姪っ子suzukaと比較なさって下さい。
DSC03231.JPG


※クリックしてご覧下さい。写真の右下に見える赤と白の煙突は火力発電所のものです)
DSC03238.JPG



けれど、次世代を生きる人間達に、安心して暮らせる環境を整えてあげたいとも願うのです。
DSC03241.JPG


posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。