2012年03月29日

診療報酬改定のお知らせ

gremz



4月1日から診療報酬と介護報酬が改訂されるのに伴ない、皆様の医療費や介護サービスの利用料が変わります。高齢化が進む2025年を見据えた対策の第一歩で、出来る限り住み慣れた地域で在宅を基本とした生活をしながらも、その人にとって適切な医療や介護サービスが受けられるように地域包括ケアシステム(医療・介護・疾病の予防・住まいが切れ目なく連携した包括的な支援)の構築が今回の改訂の基本方針となっています。病院での入院治療よりも在宅療養を重視していることが特徴となります。

改訂項目の殆どは残念ながら患者負担増となっています。しかし中には自己負担額の軽減を目的とする見直しもあります。医療の進歩に伴い、外来通院で服薬などの治療を受けながら日常生活を送ることができる患者様が増えてきました。その反面、高額な治療薬を長期間服用し続ける必要が出てきたりと、高額な治療費を負担さぜるを得ない状況にもなっています。高額療養費制度が見直され、外来窓口で多額の自己負担額を支払う必要が無い仕組みが導入されました。この高額療養費制度の対象者は年齢や収入などで区分されています。限度額適用認定証という書類を提示することが必要となる場合があります。

改定内容は、はっきり言ってややこしいです。自分の医療費がどう変わるのか??皆様も関心がおありだと思います(◎_◎) ン?

3月24日に当院のスタッフが報酬改定のための講習会に参加しました。改訂内容を皆様に出来るだけわかりやすくお伝えできるように情報を整理しているところです。月末恒例のレセプト作業があるので、皆様に公開できるのは4月になってからになりますが、医療事務員渾身の解説( ̄0 ̄)/ オォー!!をお楽しみになさって下さい!?

1-CA3K0002.JPG


posted by クランベリー at 14:59| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。