2012年07月04日

診察室の右腕

gremz


受付後、患者様が採尿して下さった尿を遠心分離機にかけた後、顕微鏡で覗きます。肉眼的には問題ないを思われる尿でも、レンズを通すと赤血球や白血液、細菌を認めることがあります。泌尿器科の診療には欠かせない機械です。

 
1-DSC05882.JPG


 キラキラしたぴかぴか(新しい)瞳で尿の性状を知らせてくれます。
 
1-DSC05891.JPG


この顕微鏡で、中庭の水鉢に住んでいるであろう微生物(ミドリムシやゾウリムシ、ミジンコ等)を観察したいと院長に要望すると、「それはダメ!」といつも断られています。ヾ(^-^;)

 


posted by クランベリー at 10:48| Comment(0) | TrackBack(0) | クリニックのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。