2012年09月20日

ももさだ〜其の壱 

gremz


特急列車が走る橋梁の南西側には、藩政期には「百三段ももさだ」と呼ばれていた地区があります。アイヌ語で「流れ出る」という意味のとおり、雄物川の河口に位置し、良質な湧き水に恵まれた土地ならではの呼称です。かつては秋田と山形県の酒田とをつなぐ旧羽州街道があり、その宿場町として栄えた町らしく、国登録有形文化財に指定された建物が多くあります。秋田市内で、ある程度まとまった数の古い町家が残っているのはももさだ地区だけになってしまいました。

先週末はももさだ地区にある美術短大の学園祭。国登録有形文化財の倉庫を改造したホールで小学生のミニコンサートがありました。
 
DSC06593.JPG


 
DSC06579-001.JPG


 
DSC06577-001.JPG


 
DSC06592.JPG

 は4月からトランペットを始めた4年生の児童。



posted by クランベリー at 14:57| Comment(2) | TrackBack(0) | お出かけ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
児童じゃないもん!!
suzukaだもん!!!
Posted by suzuka at 2012年09月22日 18:51
そうです、suzukaですね。 (≡^∇^≡)ニャハハ
いっぱい練習したんだね。♪♪
院長先生のトランペットは秋田大学の
ジャズ研究会?にあるらしい。
Posted by cranberry at 2012年09月22日 19:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。