2012年11月06日

理不尽な不認可

gremz


ここ数日、ニュースでとりあげられているので、皆様も御存知の話題「大学新設の不認可」についてである。院長から「政治的な話題はブログでは書かないように」と言われているが、これに関しては黙っているわけにはいかない。新設を認めない!と言われた3校のうちの1校はこの短大である。

http://continence-clinic.seesaa.net/archives/20090323-1.html

http://continence-clinic.seesaa.net/article/293374602.html


1952年 秋田市立工芸学校を設置
1975年 秋田市立美術工芸専門学校と改称
1995年 秋田市立美術工芸専門学校の専門課程を改組して秋田公立美術工芸短期大学開学
歴史は浅くはないし、地域との繋がりは深い。秋田市や短大側は2、3年前から文科省に相談、指導を受け申請のための準備をしてきた。認可されれば、東北・北海道で唯一の公立美術系大学となるので、関係者の期待は高かった。決して
「無くても構わない大学」」ではない。

 
DSC07086.JPG


 
DSC07089.JPG


 
DSC07090.JPG


文科省大臣の気まぐれパフォーマンスがまかり通るはずはない。院長曰く、「民主党の政治家には、法治国家って概念が希薄な人が多いよね」だそうだ。来年の4月、秋田公立美術大学に入学する学生達を私は、長野の地からではあるが歓迎したいと思う。

  

 




posted by クランベリー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ガンバロウ東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。