2007年02月09日

医療事務より 受付のこと

今回は、クリニックの顔?である、受付の仕事について少しお話していきたいと思います。

私たち、受付の心掛けとしては、真心を込めて、患者様を温かく迎えたいと考えています。不安な気持ちで来院される方も多いかと思いますが、そのような皆様がまず受付で嫌な対応をされてしまったら、不安どころか不愉快にまでなってしまうと思います。

開院当初は「どんな対応がいいのだろう・・・」「患者様に気持ちよく過ごしていただくにはどうしたらよいのだろう・・・」と日々考えながら対応していました。

そんな時、私は東京のあるホテルに宿泊しました。
やはり素敵なホテルだけあって、接遇に関しても見習わせてもらうところがたくさんありました。
例えば、小さなお子さんがレストランへやってきました。すると、その家族が席までやってきて腰掛ける時には、ついさっきまでは大人用にセットされていたものが、パッ!と子供用にチェンジされて、バタバタすることもなく自然な様子で席に着くことができました。
ちょっとした心遣いも非常にスマートで、嫌味がないところにも感心しました。
そして、何よりとても気持ちが良くなりました。

ホテルと医院とでは、対お客様と患者様とで違いはありますが、基本的な対応も、気遣いや心遣いもあまり違わないのではないかと思います。
やはり患者様には、少しでも気持ち良く、時間を過ごしていただきたい。
それには、やはり受付の対応は重要な気がします。
ただ、受付だけすればよいのかもしれません。けれど、お話好きの患者さまだったら、話しに耳を傾けてお話しすると、それだけでも顔の色や表情が明るくなって、体調がよくなるかもしれません。

私たちは、これからも患者さまが笑顔でいられるように、コミュニケーションをとりながら、真心を込めた対応をしていくよう努力していきたいと思います。



posted by クランベリー at 15:39| Comment(0) | TrackBack(0) | スタッフから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。