2013年03月11日

東北のハワイ

gremz


今日という日、最近私が買った本のことを記事にしようと思います。かつて炭鉱で栄えた町でのお話です。私が子供の頃大人たちは其処を「常磐ハワイ」と呼んでいました。「ハワイに行ってきた」とか「いつかハワイに行ってみたい」というのが東北の人達の楽しみでありました。現在でも東北のハワイとして大変親しまれている施設です。

 
DSC08868.JPG


児童書として書かれた本なので文章はとても読みやすいのですが、福島県浜通り地方の実情が丁寧に描写されています。
 
DSC08865-001.JPG


 
DSC08867-001.JPG


 
DSC08866.JPG


東北に心を寄せ続けること。
今までも、これからも、このブログで書き綴っていこうと思います。



posted by クランベリー at 10:27| Comment(2) | TrackBack(0) | ガンバロウ東北 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれから2年、あの日も寒い日でした、電気のいらないストーブを、15時ごろ、買いに行った。その夜は、ストーブとろうそくの灯りで、5人、残りもので、腹ごしらえをし、ストーブをつけたまま朝を迎えました。水道と、ガスは止まることはなかった。秋田沖に地震の来ない事を祈るだけです。
Posted by araya at 2013年03月11日 22:12
長野県内はあの日も普段通りの夜でした。
高気密住宅の普及により、いわゆる石油ストーブは激減しましたが
緊急時に利用できる熱源を日頃から確保しておくのは
とても大切だと思いました。

2年前、仙台にも秋田にも手伝いには行けませんでしたが
それぞれで辛い時期を乗り越えて下さり
ありがとうございました。
Posted by cranberry at 2013年03月12日 09:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。