2007年03月15日

Dr.さとうから 患者さんと医師の関係について

当クリニックでは、癌が見つかる患者さんが月に3〜4人いらっしゃいます。癌の種類や進行の度合い、患者さんの年齢によって治療法は異なります。当クリニックでは、患者さんに癌の告知をするとき、病気や体の状態はもちろんのこと、患者さんの理解力や家庭環境を把握した上で、丁寧にわかりやすく病状説明をしているつもりです。

私は開業するまで、大学病院〜民間病院(佐久総合病院)で勤務しましたが、病状説明に関して患者さんからの評判は悪くなかろうと自負していました。しかし、今月10日に放送されたNHK教育の番組「ともに生きる 〜医師と患者のコミュニケーション〜」をみて、考えさせられました。つまり、こちらは専門用語をなるだけ控えてわかりやすく説明したつもりでも、患者さんはこちらが思うほど理解していない可能性があることに気づきました。これは患者さんの理解力が低いからではありません。考えてもみてください。癌だと告げられて動揺しているときに、どんなに丁寧な説明であろうと理解できる余裕などあろうはずがありません。

これをふまえて、当クリニックでは癌患者さんに対する病状説明の方法を変えることにしました。NHKの言葉を借りれば、メディエーター(仲介人)制度の導入です。
そう難しいことではありません。たとえば、あなたの前立腺に(あるいは膀胱に)癌が見つかったとします。まず、医師である私から癌の告知を受け、病気の状態や今後必要な検査、治療法の選択肢などの説明を受けます。きっと、質問したいことはたくさんあるのだけれど、混乱して何を聞いてよいやらわからない状態になると思います。そこで、メディエーターの出番です。メディエーターは当クリニックの看護師がつとめます。

待合室に戻って数分、少し落ち着いたあなたは、メディエーターに呼ばれて別室に入り、「どんな不安がおありですか?」と優しく声をかけられます。当然、不安だらけです。医師からの説明でわからなかったこと、質問しづらかったこと、場合によってはとりとめのないことを質問するかもしれません。愚痴ってしまうかもしれません。メディエーターは医師ではないので(とはいえ当クリニック看護師のレベルはかなり高い)、専門的な質問に答えることはできないかもしれません。でも、あなたの不安な気持ちや医師の説明に対する疑問を整理してくれることでしょう。そのあと、再度(日を改めても構いません)医師から病状の説明させていただきます

1日に何人もの患者さんに癌の告知をする医師と、60年間以上生きてきて初めて癌の告知をされる患者さんとの間には、知識だけでなく感情的にも大きな溝があって当然です。その溝をメディエーターが埋めてくれることで、よりよい患者さんと医師との関係が築けると期待しています。

私は開業医なのでこのようなことが可能です。一方勤務医は、朝の回診→外来→手術あるいは検査(終わってみれば20時頃)→翌朝まで救急外来→朝の回診→・・・という業務があたりまえのようにあり、患者さんに時間をかけて病状説明することは容易ではありません。患者さんと医師との溝を埋めるには医師の努力だけでは不可能なのです。これからは、医師がゆとりを持って診療できるような制度の改革が必須と思います。


posted by クランベリー at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | Dr.さとうから | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。